手品・マジック通販 King Of Magic



DVDs





 

パーセプション (DVD) <日本語字幕付>

〜コインマジックの錯覚を、スライハンドとは別の角度からアプローチ〜

観客の認知に着眼するアプローチ
「マジックが起こるのは指先ではなく、観客の頭の中である」とは、よく知られた言葉です。
しかし、コインマジックの世界にあっては、指先でおこることに注目されることが多いように感じます。

これをマジックの本道そのままに、観客の心理に立脚して錯覚が起こる原理を組み上げてきたのが、ファットブラザーズの一員であるミゲル・アンヘル・ヘア。スライハンドとは異なる視点でコインマジックの錯覚を起こす手法をDVDにまとめました。

理論と実践
ここではコインマジックにおいて錯覚を引き起こすための原理が9つ発表されています。
まず原理の説明を行い、それからそれを利用した手順を実演、解説。
引っかかる場所は多くありますが、そのためにどんな罠がはられていたのか、なぜ特段怪しい動きがないのに現象がおきたのか、その全てが明らかになります。

見やすくなってます
またオリジナル版では不評だったDVDの構造にも手を入れました。
オリジナル版は昨今の商品には珍しくメニューもチャプターもなかったため、何度も見返すときに不便な面がありました。
そこで日本語版ではチャプターの設定はもちろん、メニューも新たに作成。
欠落の多かった英語字幕部分も、オリジナル原稿から翻訳しなおしています。

第1章:ゲシュタルト
特定の動きを見たとき、脳は一番素直な「わかりやすい結果」を想像します。
それを利用し、「わかりやすい動作」の裏をかいて秘密の動作を行う手法。

第2章:位置の認知エラー
密かに道具の位置を変え、それによって錯覚を作り出す手法。
観客の注意をコントロールすることで、不都合な情報を忘れさせてしまいます。
※なお実演映像が演技の途中で終了しますが、これは意図的なものです。

第3章:位置を変える
秘密の動作をいかに筋の通った動きに紛れ込ませ、道具の位置を密かに移動させるか。

第4章:パイル
重ねたコインは、ぱっと見ただけでは正確な枚数が数えられません。
それを利用し、枚数に錯覚を起こさせる原理。

第5章:ダブルリフト
コインもカードと同じようにダブルリフトが可能です。
それを使った錯覚の起こし方と手順を紹介。

第6章:コインの状態を錯誤させる
例えば実際とは異なる枚数をコールする。
例えば種類の異なるコインをエキストラとして使う。
そういった工夫が活きる場面や、その利用法を紹介します。

第7章:欠けた部分の補完
コインを並べ、特定の位置に手を置くと、その下にコインがないのに観客の頭は「そこにある」と想像してしまう。
整合性を保とうとする脳の働きにより、ないはずのものをあるように補完する原理を逆手に取る方法を紹介。

第8章:ビジュアル・ジオメトリー
コインの並びに対して体の中心線をずらすことで、錯覚を起こす手法。

第9章:ダブル・アクション
通常の動作をやりながら同時に秘密の動作を行う際、ノイズを減らして状況をクリアに(しかし秘密の動作には気付かれずに)伝えるための手法と考え方。

ポン太 the スミス氏より推薦を頂きました。

商品名 : パーセプション (DVD) <日本語字幕付>

価格 : 5,138 円(税込5,550 円)

ショップポイント : 51

数量 :

 12,000円以上(税抜き)は配送料無料

ご利用案内
 
□ 送料について
送料は地域別です。
12,000円(税抜き)以上お買い上げの方は
送料無料
詳細はこちらご覧ください。

送料300円サービスについて



□ 商品代金以外にかかる費用について
※コンビニ決済・後払い決済等、決済手数料はご負担ください。
※銀行振込、郵便振替は前払いです。手数料はご負担ください。
※代引き手数料は金額により異なります。
・1万円未満:216円
・1万円〜3万円未満:324円
・それ以上:432円

その他 費用の詳細はコチラをご覧ください>>
□ お支払いについて
お支払いは以下の方法がご選択いだけます
お支払いについて
お支払いについて
お支払いについて
お支払いについて

□ 安心の後払いもお使いいただけます
お支払いについて
コンビニは全国15社、40,000店舗+郵便局+銀行 お支払いについて
★ お支払いは、商品を受け取った後ゆっくりと(請求書発行後14日間以内)都合のよいときに、コンビニ/郵便局/銀行で支払いができるので、安心・便利。
□ 配送時間指定について
配送時間指定
※ご指定時間にお届けするよう、運送会社に指示いたします。


□ 個人情報に関して
お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。